HOME > 国際ビル歯科について > 予防診療Q&A

当院の考え方

予防診療の目的:治療済みの歯のメインテナンス及び虫歯・歯周病予防

最初はパートで働いてて、前歯を治しに来たんです。
その時は未だ歯磨きの仕方を教わってなかったから、治療した前歯の歯肉の隙間が広くなり始めたんです。それで慌てて先生に相談して、予防診療で前歯を守れることを教わり始めたんです。

その時初めて、予防診療を続けていれば歯肉が下がって隙間ができることはないということが判ったんです。前歯を治療したときに始めていれば今よりは下がってなかったのではと、今はそれが悔やまれます。もっと早く言われていたら予防をやってたのに・・。

でも、実際あの当時は言われてもやらなかったかもしれませんね。隙間が開く、歯肉が下がるということを実際に体験したからこそ、今まで一生懸命やってきたのかもしれません。今ではあれから歯肉が下がるのもスットップしているし良かったです。

でも、前歯のセラミックを治療してもう20年なんですね。そんなことすっかり忘れてました。
だいぶ前に治療したんだよなぁとは思っていましたが、20年持っているとは…。凄いですね。

予防診療を受けながらよく磨いてたから何のトラブルも無くすごしてこられたんでしょうね。
予防診療を始めた頃はよく手抜きをしていました。時々サボって、ここにきていろいろ指導を受けてまた一生懸命やる、その繰り返しでした。
最近は歯磨きも上手になったし、食後眠くならないうちにすぐやるというのも習慣になりました。
一生懸命磨いたあとは翌朝すっきりするのでまた頑張ろうとおもうし、朝の目覚めが気持ちいいとその日一日は楽しいですね。

たまにサボってしまったりすると口の中が気持ち悪くて…。出かけた先でも口臭がないかしら?ってお友達と話すのも気になっちゃう。そうするとその日一日疲れちゃいますよね。

これからも予防診療はやれるだけ続けます。

女性っていつまでも若くて綺麗でいたいでしょ。歯がなかったら人前で笑うこともできなくなってしまうし。私は踊りもやっているからもし歯がなくなったら、それも出来なくなってしまいそう。それは絶対に嫌ですから・・。
いつまでも元気で楽しく生活できるように努力したいですね。一つ心配なのは具合が悪くなったら歯磨きはどうすればいいの?ということなの。体も動かしてるし健康には気をつけてるつもりなんだけど、人間何があるかわからないですから・・。