HOME > 国際ビル歯科について > 予防診療Q&A

当院の考え方

予防診療の目的:虫歯予防・歯周病治療と歯周病予防

メインテナンスに入ってから、スケーリングのみ希望のことが多い。PCRの%は高め(20〜30%ぐらい)。近頃、少し歯肉が腫れぎみ。正しい磨き方の確認をしました。
見た目はとても若く、笑顔の素敵な方です。

親の仕事の関係で、高校・大学とアメリカで生活していたので、健康を定期的にチェックするのはあたりまえだと思っています。

日本では、痛くなるまで放っておいたり、歯を治療するという事を軽く考え過ぎだと思います。私は痛くなってから歯医者に行くのは嫌です。

アメリカの高校は、歯科医院の診断書(治療中、又は治療済み)がないと、体育の単位がもらえないんです。私も、食生活など、生活全般のアドバイスをもらっていました。
学校での集団検診のようなものはなく、個人でかかりつけの歯科医院に行くという感じでした。
卒業前にもチェックがあり、診断証明がないと、卒業証書ももらえないんですよ。

日本に帰ってきて、そういう種類(予防に力を入れている)の歯医者がないかと思っていたら、会社の近くに国際ビル歯科があったので、よかったです。
日本の歯科医院って、予約もなしに飛び込みで行って、いつまでも待たされる病院が多いでしょう?私はそういうのは嫌ですね。きちんと予約をして、待たされないで入りたいです。
でも、国際ビル歯科は、予防の予約は混んでてなかなかすぐにとれないのよね。それがちょっと困るところです。
このまま一緒に、口の健康をずっと守っていきたいと思ってるので、どうぞよろしくね。