HOME > 治療メニュー > ワンデイ・スマイル 痛くない一日矯正で本当の笑顔を

ワンデイ・スマイル 痛くない一日矯正で本当の笑顔を

型を取る必要も、歯を削る必要もなく、
一日で歯の形・色・歯並びを変えられます。

ワンデイ・スマイル症例


上の歯の前歯に小さな隙間があります。

小さいとはいえ真ん中の隙間は遠目にも黒々と抜けて見え、意外に目立つものです。 そのためにお口全体の印象が良くありません。

例えば、アメリカの映画俳優は、詐欺師などの悪役や喜劇などのコメディー役をする時には、真ん中にはっきりと隙間のある差し歯を作って口元だけで顔の印象を大きく変えます。

また、正義の味方や信頼感のある役作りには真ん中だけでなく全体に、きちっと隙間なく並んだ歯並びの差し歯に変えます。 それくらい、前歯はひと目で顔に大きな影響を与えますし、強くその人の性格の印象を与えるものなのです。

最近の例では、アーノルド・シュワルツェネッガー氏はカリフォルニア知事の選挙に出るときには、特徴のある前歯の隙間を治して見事当選しました。


治療後です。

1時間もかかってしまいましたが、たった一日できれいに治りました。 ご本人も長年悩んでいらっしゃったので、出来上がりを見て小躍りして喜んでおられました。

天然の歯と歯の間に色を調合して調和させたコンポジットレジンを接着しただけなので、歯を全然削ることなく、また型も取ることなく一回で終わりました。

歯肉が少し赤いのは、予防の染め出し液がまだ残っているからです。 まず歯周病の治療を先に進めて、だいぶ治ってから前歯の隙間の治療に取り掛かりましたが、やや歯肉にはまだ軽いハレが残っています。


その後歯周病の治療を続けて歯肉の状態もピンク色に引き締まってきれいになりました。

歯と歯の隙間に少し着色がつき始めています。何しろ生まれて初めて真ん中ぴったりついたのですから、ここはまたは磨きの練習をしなければなりません。

そうすれば最新のコンポジットレジンは変色もほとんど起きず、長く使えます。