イエテボリ法での歯磨き。フッ素と唾液、どちらが重要?
きらり62 さん 女性
2018-03-11 13:26:14
お世話になります。

最近、フッ素の効果をより引き出すために、イエテボリ法で歯磨きを行っています。

ですがフッ素は唾液で薄まってしまうと聞きます。
唾液も虫歯予防において重要な役割を果たしているようですが、歯磨きを終えたあとはフッ素を口内に残すために唾液があまり溜まらないようにしたほうがいいのか、それとも唾液はどんどん出したほうがいいのか、どちらのほうが虫歯予防に効果的なのでしょうか。
国際ビル歯科(千代田区丸ノ内)のさがらです。

ご相談ありがとうございます。

>どちらのほうが虫歯予防に効果的なのでしょうか。

簡単です。
唾液です。

もともと唾液自体が予防の役割を持っています。
人工的なフッ素を入れることは、使い方を誤ると予防効果を妨害することさえあります。

また唾液にはフッ素が自然に含まれています。


ちなみに人類の進化を見ればどちらが大事かよくわかります。
約38億年前に生命が誕生してから、どんどん進化してやっと現代の人間の祖先が出来上がりました。
約700万年前のことです。
そしてまた長い年月をかけて進化し、約200万年前に完成しました。

それまでは恐竜を含めて、無数の生物が大量絶滅してきました。
その中で人類は生き残ってきています。

6歳臼歯と言われる永久歯で最初に生えてくる第一大臼歯は、その形が完成したのは人類が生まれるずっと前の約3000万年前です。

もし人間の歯が虫歯で簡単にやられるようであれば、人類は生き残っていません。
当然、虫歯にも自然に勝てるように唾液の役割などが、DNAに設計されて進化してきたからです。

歴史で習ったことがあるでしょうが、人類の仲間にネアンデルタール人などがいましたね。
でも彼らも約3万年前に絶滅しました。
同じ時代に現代の人類は一緒に生活していましたが、ちゃんと生き残っています。

虫歯などでやられないように歯が完成されているからです。
3万年前に歯ブラシをコンビニで売っていたでしょうか。
フッ素を塗っていたでしょうか。

そこに秘密があります。
自然な生活自体を考えた方がよっぽど効果があるし、とっても楽です。

それを知っているのが歯科医院です。
よく相談しましょう。
2018-02-28 08:22:34

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る イエテボリ法での歯磨き。フッ素と唾液、どちらが重要?
メインカテゴリ 虫歯(むし歯)<792>
歯磨き(プラークコントロール)<204>
サブカテゴリ 虫歯予防<99>
フッ素<14>
歯磨きに関する疑問<145>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方<38>
抜歯(抜けた・抜く予定)<1043>
歯の異常・トラブル<609>
歯の痛み<756>
知覚過敏<38>
虫歯(むし歯)<792>
歯の根っこの病気・異常<266>
根管治療(神経・根の治療)<692>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常<515>
歯茎(歯ぐき)の痛み<95>
歯周病(歯槽膿漏)<450>
歯列矯正(矯正歯科)<573>
歯並び(歯ならび)<336>
噛み合わせ(咬合)<216>
歯軋り(歯ぎしり)<62>
顎関節症<38>
審美歯科・美容歯科<165>
歯のホワイトニング<65>
口臭<28>
親知らず(親不知)<325>
上顎洞炎(蓄膿症)<23>
小児歯科・子供の歯<95>
妊娠〜出産〜授乳<66>
歯磨き(プラークコントロール)<204>
舌、粘膜、唇の病気・異常<107>
アレルギー(過敏症)<35>
麻酔<107>
薬剤<54>
レントゲン・CT<59>
歯科恐怖症<82>
治療費・費用<158>
医療ミス・裁判・不信感<424>
詰め物、インレー<355>
クラウン(差し歯・被せ物)<840>
支台築造(歯の土台)<84>
インプラント<701>
ブリッジ<452>
部分入れ歯(部分義歯)<232>
総入れ歯(総義歯)<60>
衛生士・技工士・歯科助手<109>
専門的な質問<392>
歯科と全身疾患<107>
海外<286>
その他<1368>