HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A


ご相談内容 : 初めてメール致します。

先週、左の一番奥の歯を抜歯しました。

もともと虫歯で神経を取ってあったのですが、噛む力が強いようで、詰め物の下で歯が割れてしまい、
抜歯しかないということになってしまったのです。

主治医は、食事に特に問題がないようなら、そのままにして清潔に保つことが他の歯のためにもよい、と言っていますが、まだ年齢も年齢ですし、かみ合わせのことを考えるとインプラントにした方がいいのかな、とも思っています。

こういう奥歯一本欠如の場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

よろしくお願い致します。

東京都 : 28 : 女 : 会社員

ご相談のメールありがとうございます。

奥歯の大きい歯2本はとても大切な歯です。

家にたとえれば大黒柱の力を発揮して他の歯を守っています。
大黒柱の減った家が何十年も無事でいられるでしょうか?
毎年、台風や地震に耐えられるでしょうか?

総入歯になったお年寄りの方達もいきなり前歯を抜いた方は殆どおりません。
殆どの方達は、初めに奥歯を1本失っています。

つまり大黒柱を削るとか抜くことは総入歯コースの第一歩といえます。
まだまだ何十年も後のことですが、いつそうなるか、寿命が先に来るかという心細いことになります。

一生もたせようとすると奥歯の治療はとても難しく、本来は虫歯にしてはいけないし、もちろん抜いてもいけないところです。
もしなくしてしまった後は、他の歯の噛み合わせが狂わないうちに治療すべきです。
しかし、とくにインプラントは力から取り戻せる唯一の治療方法ですが、最も難しい場所でもあります。

慎重に検討されることをお勧めいたします。

国際ビル歯科 相良俊男