HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容 : 右上奥2番目の歯の根が割れ、残せないと現在の歯科で言われたのでインプラントを希望しています。

上顎のインプラント条件が悪いとのことなので、数多くの症例を見ていらっしゃる方にお願いしたいと思っています。

現在の歯科では何も施さずに半年間フタをされ、ずっと臭いを放っていました(むろん訴えました)が、他の歯ばかり治療されました。

その最中で歯茎を削った術後の縫い目の正面にあった元気な親不知を抜かなければ口が閉じられない程に腫れたので止む無く抜歯しました。

(親不知は向いの歯が無く突き出ていました)今更ながら移植という技術もあることを知って、今の歯科
の治療計画、移植の可能性の説明不足に不信感を抱いています。

(技術に自信が無いのかもしれませんが)

 1.上顎は補強しなければインプラントできないのか、
 2.骨がもろくなるのは本当か、
 3.妊娠したら不利なのか、
 4.もし御院に通うなら休暇をとるしかないので通院回数を減らして集中治療はできるのか、
をお教えください

千葉県 : 38 : 女: 会社員

ご相談のメールありがとうございます。

>  1.上顎は補強しなければインプラントできないのか、

必ずしもそうではありません。
しかし、上奥2番目の歯は骨が不足する場合が少なくありません。
その場合は、骨を増やすか移植することになります。

ただ、その場所は最も強く力のかかる難しい場所ですから、もし後悔しないような長期的な成功を目指すのであれば、全体の噛み合わせや歯周病とか他の歯の予防とかも考慮に入れて、総合的に判断しないと危険ですから、とても難しい治療といえます。

もっとも、今までのようにくりかえし治療するものだという諦めがあれば、簡単な目先だけの計画でも構わないと思いますが。


>  2.骨がもろくなるのは本当か、

一般的にいって、*****さんの年令頃からほとんど全ての女性は骨密度が下がっていきます。

今までの生活で十分な骨塩量の蓄積があり、しかも、これからの生活習慣に気をつければそう心配はありません。
しかし、もともと骨密度が高くなく、しかも不摂生が続けば、将来に骨粗鬆症の危険が出てきます。

一方、顎の骨は全体の骨密度と関係がありますが、特にお口が健康かどうかで骨密度は大きく変わってきます。

すなわち、次の条件を満たしていれば、お口の骨に関してだけの健康度は高いといえます。

 〇の根があること (差し歯でも、神経が取ってあっても、インプラントでも自然の状態と殆ど同じです。ブリッジや入歯は、歯は取り戻しても根はありません)
◆ 別邵擇覆匹鯢ず取り) 食事の時には (30回くらいは) (左右両側で) 良く噛んでいること

使わなければ退化します。

従って特に全身性の大きな病気がない場合でも、健康的な生活習慣がなければ急激に骨はもろくなります。
そうでなければ、普通は心配ありません。

ご心配ならば当院でも簡単に骨密度が測れます。
いつでもお申し付けください。


>  3.妊娠したら不利なのか、

妊娠は病気ではなく正常なことなので特に不利なことは何もありません。
しかしその影響は必ずお口に出てきますから、計画をたてて、妊娠中に治療することはできれば避けましょう。


>  4.もし御院に通うなら休暇をとるしかないので通院回数を減らして集中治療はできるのか、

充分に可能です。

非常に条件の良い場合は、最短4回位で終わります。

しかし我々も後悔したくありませんから、ふつうは慎重に進めたいのでそれに2〜4回くらい足した回数です。

難しい場合は、更に回数はかかります。
骨の治療もお一人ずつで違いますが、インプラントと同時に行えれば特に回数は増えませんが、とても難しい場合は別々の治療にしますので、その分の回数が丸々増えます。

又お分かりにならないことは何でもお尋ねください。

国際ビル歯科 相良俊男