HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

前歯が2本も歯槽膿漏で抜かなければいけないと言われました。

前から少しはれたり治ったりしてましたけど痛くなんかなかったんです。
でも歯槽膿漏がひどくて化膿していぐらぐらでもう手遅れだというんです。

とてもショックで眠れません。
まだ入れ歯にしたくはないんですけど先生ははやく抜いてブリッジは長持ちしないからインプラントにしようと強くすすめてくれます。
インプラントが一番良いですか?
その先生は国産のインプラントだから安くしてあげるといってくれます。

ブリッジって、隣を削るんですよね。
どれもきれいな歯なんですけど。

どれがいいんでしょうか。
歯を抜いたらそのままになるんですか?
まだ歯がついているしはれも少しおさまってきたから迷ってます。


千葉県 46歳 主婦

ご相談メールありがとうございます。

審美的な目的であれば入れ歯は最も適していませんが、必ずしもインプラントが一番とは限りません。


ブリッジでもきれいに、しかも長持ちさせることもできます。
たとえば当院のブリッジは殆どが長持ちしていて、最長では25年以上きれいなままで使えています。
そのままもっともちそうです。

またセラミック製の歯は残った歯と調和させて、とてもきれいに作ることが可能です。

ただし、両側の歯がきれいな状態であり一生残したいという希望があれば、ブリッジのために削ることはその両側の歯にとって余計な欠点を作ることになります。

したがって、前歯をきれいにしたいことと、もう自分の歯を失いたくないと両方望まれる場合はインプラントが一番と言えましょう。

ただし、お話からすると化膿が始まってしまったこと、当然歯を抜かなければならないことから、歯肉の部分が凹んでしまうこともありそうですので、天然の歯がきれいに生えそろっている時と全く同じ歯肉の形にはならない可能性もあります。

もちろんできるだけ回復する方法はあります。

インプラントには60種類くらいあるといわれています。
その中で、世界で多く使われている種類はどれも信頼性が高く心配ありません。


ただ日本人は骨格や歯肉が外国人に比べて薄い上に前歯はデリケートなところですから、やはり種類は慎重に選ばなければなりません。

特に長期的に使いたい場合は大切です。

しかしなにより一番大切なことは、どんな物を選ぶかという前に、ベストな治療内容が実行できるかが最も結果に大きく影響します。

特に前歯はきれいに治療しようとするととても難しく、大きな失敗をすると取り返しがつきません。

慎重に検討したり、納得いくまで相談をしてから決断してください。
治療前に今までの症例写真を見せていただくことも参考になります。
あるいは治療した人と直接お話の機会を作っていただくこともとても勇気づけられます。


抜歯後に抜けっぱなしを防ぐことができます。
ご心配ありません。


準備をしておけば、抜歯をしたその日のうちに仮歯を入れることは可能です。

一般的には取り外し式の入れ歯か、両隣に接着する方法です。

しかし、条件が満たされれば、抜歯とインプラントと仮歯のセットを一度に済ますこともできます。
一度にすませば治療回数もとても少なくできます。


ただし、化膿がひどくなればなるほどそれらの方法を選べる選択肢は減っていきます。
また化膿を放置すればするほどきれいに歯を入れるためには不利になります。

お早めに受診されることを勧めます。

どなたでも初めてのことは不安なものです。
何でもご相談ください。


国際ビル歯科 相良俊男