HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A


ご相談内容 : 今妊娠5ケ月ですが、以前から歯周病で弱っていた左上の被せた銀歯が抜けてしまいました。

歯自体が作り物だった為、今は応急処置でセメントのようなもので歯医者さんにつけてもらっています。
できればインプラント治療を希望していますが、麻酔などの胎児・母乳への影響が一番心配です。

治療に適切な時期を教えて頂ければと思います。

神奈川県 : 31 : 主婦

ご相談のメールありがとうございます。

インプラント治療と妊娠の関係として、*****さんは一番治療を避けたほうが良い初期の3ヶ月くらいは過ぎています。
今は中間の安定期なので色々治療することもできます。

また後半の3ヶ月くらいは早産や流産の危険などが出てくる場合もありますので、手術や複雑な治療は避けたほうが良いでしょう。しかし簡単な治療でしたら産婦人科と相談の上で可能です。

心配や不安などの気持ちの影響のほうが大きいので、妊娠初期や後期は慎重に進める必要があります。

麻酔は適量であれば全く心配ありません。
レントゲンも妊娠の初期のみ気分的に避けたほうが良いでしょうが、実際は歯科の撮影用レントゲンで影響はありません。
当然その他の時期も影響ありません。

第一に優先しなければいけないのは正常な出産です。
したがって、妊娠が順調な経過をたどっていること、ご担当の先生と相談の上ではじめることが重要です。
 
本来は妊娠前に順調な出産を阻害する歯周病の治療を含めて終わらせておくべきですが、このように突然予測できないことが起きた場合は、安定期が治療には最も適しています。

国際ビル歯科 相良俊男