HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容 : はじめまして。

わたしは虫歯だらけで、もうどうやって生きていけばいいか分からないです。
下の左の奥歯を2、3本抜いています。中学生の時に部分入れ歯をつくってもらったのですが、一度も使用していません。その奥の親知らずは治療した形跡がありますが、虫歯で穴があいています。痛くはありません。

上の左の奥歯は全部虫歯で治療しているみたいですが多分虫歯です。痛みはありません。下の抜いた歯の真上は歯が伸びた感じです。

右の下の奥歯は全部銀色のブリッジがかかっています。ですが一番奥の歯の根元が腐ったらしく、右の顔が腫れてものすごい頭痛もあったので歯科にいき、銀色のかぶせている部分を削って神経をとりましたが、仮にかぶせた状態で通院を辞めたので、詰め物もとれて空洞になっています。今でもたまに歯茎が腫れます。痛いです。

右の上の奥歯は全部虫歯で治療をした形跡があり痛みはありません。
前歯は虫歯を治療した歯が一本と、その隣の歯が半分ほど重なって生えています。重なっている歯の上の歯茎が鼻の穴の下まで腫れて、ビーだま大の膿の塊みたいになっています。1年に2度くらい自分でつぶしています。

これが原因なのか、掌蹠膿疱症になりました。 
どうしても歯医者に行くことができずに死にたいくらいです。小学生のころから歯の痛みで自殺も考えてきました。
怖いというか行く位なら死にたいと思い精神科にもいきました。なので、過去に歯科に行った件は何も考えれない程の激痛で仕方なくいったものです。
先生に何を言っていただきたいのかはわかりませんが、初めてこのサイトにたどり着き、藁にもすがる思いでメールしました。
貯金もあまりありませんし、わたしは何をすればいいのでしょうか?
助けてください。

大分県 27才 女

--------------------------------------------

ご相談のメールありがとうございます。

痛いということはとてもつらい事です。

病気で痛いことももちろん、治療で痛みが重なるように増えることはもっとつらい事です。
そのうえ、治療に行くことが苦痛になってしまっては、身体も心も二重・三重の痛みに襲われてとてもつらいと思います。

しかし、解決方法がありますので、ご心配ありません。

もちろん簡単ではありませんが必ずなんとかなります。
諦めないでできることから始めようと思ってください。
一番したいときに、自分で始めればよいのです。

無理する必要は全くありません。

実は***さんだけでなく、小さい時に無理やり治療を受けさせられて嫌な思いをした方は少なくありません。
それがトラウマとなって、成人してからも恐怖が抜けない方も、少なくないのです。

痛みも普通は誰でも嫌なものですが、痛みと辛い経験とが重なると、とてつもなく大きな障害になってしまうことも、また少なくありません。

本当の歯科治療とは虫歯や歯周病というお口の病気を治すだけではありません。
お一人ずつの気持ちまで配慮しております。

もともと、口と身体は切り離せませんし、特に心身の健康に強い影響を与えることが分かっています。
口の健康を損なうと身体に異常が出やすく、身体が気持ちを滅入らせたり、直接口が自律神経に異常を起こさせて自律神経失調症を起こしたりすると言われています。

何よりも医療とは病気から解放されて、楽しい暮らしを手に入れるためなのです。

ですから、本当の歯科医療とは、治療を通じて心身の健康を手にいれ、晴れ晴れとした気持ちで「良かった!」と、思っていただくことが究極の目標です。

もうお口の心配から解放されて、むしろこんなに頑張った私の口を見て欲しい、と自慢できるくらいに思い切り笑って、普段は口のことなど忘れて思うどおりのことを楽しめることが目標です。

お互いに良かったと思えることを目標にしていけば、当然、恐くないように、痛くないようにと我々も協力していきます。

まず、初めは何でも話してみましょう。

治療はすぐにしなくてもいいのです。

一番大切なことから始めましょう。

それは気持ちです。

初めの第一歩は、恐さをどうやって克服していけばいいかを我々専門家と話し合いましょう。
いきなり治療いすに座らないほうがいいでしょう。
落ち着いた部屋で普通の椅子や机のあるようなところで話だけをして帰りましょう。
だんだん慣れたら、検査をして治療計画の話だけをまたしましょう。

初めは話だけにしましょう。
もちろん、こうやってメールでもかまいません。

当院に限らず、じっくりとお話を聞くカウンセリングをする医院が増えつつあります。

あわてることはありません、一番ご自分の都合の良いときに、ご自分にあったことだけを選んで初めはしていけばいいのです。

虫歯だらけでも、まだ歯があるではありませんか。

治療に来る方でほとんど歯が無い方は少なくないのです。
その方に比べれば、あるいは***さんが将来全部歯がなくなったときと比べれば、今の健康レベルは決して捨てたものではないのです。

もう抜いてしまった歯は取り戻せません。
でも無くした歯の分まで残っている歯を大事にすればなくなってしまった歯も喜ぶと思いませんか?

決して手遅れではありません。
まだまだ間に合います。

因みに、掌蹠膿疱症は歯科用の保険で採用された金属が元でアレルギー反応を起こすことが良く知られています。
検査を受けて原因になる金属が発見されれば除去すると軽くなったり、治ると言われています。

叉、歯科医療は悪いところを治療するだけではなく、病気にしないように予防することができます。
当院では30年近く予防診療を続けてみて、通っている方に虫歯などになる方はとても珍しいくらいです。
治療と同時に、予防の計画も一緒に進めていけるようになると、ガラリと良い人生が待っています。

まず第一歩の、小さな目標を選んでください。

それから、ちゃんと準備をしてから取り掛かれば、やる前に考えていたよりずっと楽だったと必ず思うはずです。
これは保証します。
世の中のどんな苦痛も、想像しておびえていた大きさより大きな苦痛などありません。

少し前を見て、第一歩を踏み出してみてください。
そこから一歩一歩階段を上るように上がっていけばよいのです。
きっと続けていけば、だんだん自信もついてきます。

必ず、前進できます。
希望を持って頑張ってください。
当院でも遠くから応援しています。

国際ビル歯科 相良俊男

---------------------------------------

長いメールをいただき、ありがとうございました。

お返事が遅れましたこと、もうしわけございませんでした。

長いメールをいただきまして、また、その内容に涙を流しながら読ませていただきました。

今までの胸につまっていた何かが、少しですが溶けていくのを感じました。

頑張ろうと思いました。

歯のことで命を絶とうとしたことも、もっと早くに先生方に相談していればと思いました。

私は田舎に住んでいるので、こんな酷い口の中を地元の歯科の先生に驚かれるのも怖い理由の一つでしたが、東京に行くとこうやって驚かずに見てくださる先生がいるとわかり、今では歯の治療の為に上京しようと考えています。
お金のことも、いろいろ調べたらローンを組んでくれるところもあると知り、死ぬ気で働いて治療費を稼ごうと思っております。

わたしにとっての大きな一歩に力を貸してくださって本当にありがとうございます。

こんな患者は嫌でしょうが、できれば治療を手伝っていただきたいと思っていますので、また東京に行きましたらメールさせていただいてもよろしいでしょうか?

あまりにも胸がいっぱいで、返信が遅れましてすみませんでした。

本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------

メールありがとうございます。

少しは一歩踏み出すことのお役に立てたでしょうか?それは何よりです。
 
死ぬ気で働く気持ちになったそうですが、それはまた素晴らしい!
その気持ちを忘れないで下さい。そのうちにきっと良いことがあります。きっとたくさん良いことがあります。頑張ってください。

治療のお手伝いをすることが我々の仕事です。ちっとも嫌ではありません。喜んで相談に乗せていただきます。またいつでもメールしてください。

国際ビル歯科 相良俊男