HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

[ご相談内容]

上下特に上顎については、前歯数本を除き、
かぶせ物・ブリッジ等が入っています。
ブリッジの根元及び左奥歯の根元がその時の
体調によって膿むといいますか、腫れたり、
いやなにおいがしたりします。

自分の感覚では季節の変わり目・飲酒量が
多い時に出るような気がします。

症状が出た時には近くの歯医者さんに行き
クリーニング・薬の塗布をして頂いていますが、
根本的な解決にはなっていないようです。

東京都 39才 男性 会社員

-----------------------------------------------------------------------

ご相談のメールありがとうございます。
お口の中が良く判りませんので一般的に説明いたします。

歯周病の可能性が高いと思われます。

歯周病とは普段痛くないうちに歯が抜けてしまう病気です。
体調が落ちると症状が出て、体調が戻ると症状が引くというくり返しをしているうちに
抜け落ちるか、どうしようもなくなって抜歯に至ることの多い病気です。


根本的な解決には二通りあります。

1.歯はあきらめてすっきりとさせる。
2.歯を残しながらすっきりとさせる。


> 症状が出た時には近くの歯医者さんに行きクリーニング・薬の塗布をして頂いていますが、根本的な> 解決にはなっていないようです。


ご推察の通りです。
それは単なる応急処置です。

しかしメリットとして、早く・簡単に・楽して・安く、終わります。

医療法人社団徳新会 国際ビル歯科 相良俊男

ご回答ありがとうございました。

疲れたり、季節の変わり目に歯茎がはれたり、
口臭がひどくなるのは自分にとっては持病の
ようになっており、別の歯科医で診察してもらった際には、
症状が発生する都度炎症を抑える治療を受けながら、
うまく付き合って行くようにと言われています。

いずれにしてもここが正念場といった段階で、必ず
歯を中心とした体に症状が出て、全力が出せない
のは、しゃれではありませんが、歯痒いことです。

歯周病を根本的に治すことは可能なのでしょうか。

東京都 *** ***


---------------------------------------------------------------------------------

ご相談のメールありがとうございます。
お口の中が良く判りませんので一般的に説明いたします。

> 歯周病を根本的に治すことは可能なのでしょうか。


間に合えば可能です。
ただ、治すという目標は二つに分かれます。

1.歯茎や口の問題に限って解決したい場合は、痛くない程度ならそのまま病気とおつきあいして良いでしょう。
2.歯周病は全身の病気の原因という証明が進み始めていますので、そこまで視野を広げて予防したければ、痛くなくても、身体に送り込まれ続けているばい菌をきれいにしなければなりません。

その確率が増える病気とは、高脂血しょう、高血圧、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、手足の切断につながるバージャー病、認知症、早期の老化、膵臓がん、腎臓がん、子宮がんが5.2倍から数十倍増えるとハーバード大学やニューヨーク大学の論文等々ではいわれています。
ちなみに日本では舌がんの発生が、この10年間で2倍に増えています。

でもご心配なく、まだ完全に立証されたわけではありませんし、単に確率が高いというだけの統計上の話で、絶対にそうなるわけでもありません。
俺は身体は丈夫だよと言ってしまえば簡単です。
そういった論文もあるというだけです。
ただのご参考にしてください。

根本的な歯周病治療は細やかな対応が必要でとても大変です。
そんな目に見えないことや将来の備えに治療するなんて面倒なことです。
目的をきちんと納得してからお選びください。

ちなみに当院ではきれいにして損はないと思っております。
また病気とは健康が失われることです。
普段気がつかずにいた失ってはいけない大切なものを突然無くすことです。
予防とは失ってはいけない最も大きなものをゴールとして、目先の計画を立てた方が結局得すると言えます。

したがって、ご希望がある方に限っては、当院では森を見てから木を見るように、予防の中で歯周病はきれいにしたほうがよいと考えています。
本当の歯科医療って価値が高いとも言えますが、大変なんです。


医療法人社団徳新会 国際ビル歯科 相良俊男