HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容 :

上の歯3本(続き歯3本)を抜歯し義歯をブリッジしていますが、発音等で不便を感じており、インプラントを検討しようと思っています。

インプラントには、2−3ヶ月の時間を要しその間 仮歯使用になると思いますが、発音等での不便さを最小限に抑えることができる仮歯の作製が出来るでしょうか。

私にとって、噛むことの不便さより発音の不便さを解消することが重要です。

受け付け時間は、最終何時でしょうか。

東京都: 51 : 男性 : 会社員

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご相談のメールありがとうございます。

最先端のインプラント治療では、成功率や安全性を確保したあとは治療中の快適さの期待に応えていくために、インプラントと同時に仮歯を固定していく方向に進んでいます。

ブローネマルク・インプラントはそれが可能です。
いくつかの他社製品ではそれができません。

当院でもご希望される方がだんだん増えており、既に多くの方はインプラントを埋めた同じ日に、すぐ仮歯を同時につけております。

しかしとても難しい治療になりますので、どなたにも適応できるわけでもありませんし、リスクも高まりますから、絶対に成功するわけでもありません。

緩みが出てしまうという失敗が出て、成功率が少し落ちてしまいます。

しかし、ブローネマルク・インプラントは化膿することがないので、ご心配ありません。
緩んだインプラントを外して、新しいインプラントを埋め直せばすみます。

その際の成功率は100%です。

一部他社製品では、緩みが出ると骨が溶けてしまい、埋め直しは不可能になりやすく、将来辛い目に遭うことが出ます。

そういう面でも、ブローネマルク・インプラントの信頼性は世界一です。

又、上の顎は骨が少なくなりやすいので、単に埋めるだけでなく骨の治療が必要になる場合もあります。

又、発音とはとても微妙に構成されておりますし、お一人ずつすべて違いますので、人工的な歯は必ずしも不便がなくなるともいえません。

特に仮歯は応急的なのでその傾向が強くなります。
あとで調整が何度も必要になることもあります。

しかし、取り外し式の義歯に比べれば、全く別物です。
それよりは自然の歯のように非常に使いやすくなります。

最終受け付け時間は17時30分ごろです。
また隔週の土曜日も診療しております。

国際ビル歯科 相良俊男