HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容 :

歯周病について、質問です。

半年に一回くらいの割で検診に行っています。

先週かかり付けの歯医者へ行ったのですが[歯周病]と言われました。
奥歯です・・・と言っても、親知らずとか抜歯しているのでそれを抜くと奥歯がなくなってしまいます。。。

『その奥歯を抜けば歯周病はなおります。』と、言われました。
ポケット《8》くらいになると抜いたほうが良いでしょうか。

抜けば直るのでしょうか?

他の奥歯でポケット《5》のところも有ります。
どんどん抜いたら奥歯がなくなってしまいます。
気になって仕方有りません。明日、歯医者です。

香川県: 50代 : 女性

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご相談のメールありがとうございます。

> ポケット《8》くらいになると抜いたほうが良いでしょうか。

たしかに重症です。
しかし抜く以外の治療方法もあります。

> 抜けば直るのでしょうか?

たしかに治ります。
歯周病とは字のとおり、歯の周りに起こりますので、歯が無くなれば消滅します。
ただし、その歯の周りだけの話で、他の歯の歯周病はなくなりません。

> 他の奥歯でポケット《5》のところも有ります。

そこも軽くありません。

> どんどん抜いたら奥歯がなくなってしまいます。

そのとおりです。
奥歯が無くなれば、大黒柱を失った家の窓や戸が傾くように、前歯も歯並びが乱れていき、いずれ無くなります。

治療方法は二つあります。

1.抜いて歯周病を無くす方法。
2.一生歯を残しながら歯周病を治す方法。

1.は簡単です。悪くなるのを待っているだけですから。
2.は大変です。痛くも無いのに治療しなければなりませんし、一生は長いのですから。

どちらもそのかたの考えによって良い治療になります。
一人ひとり違います。
人生の中で考えも変わります。
治療する先生の考えも違います。

定期的に通院しても、歯を残すための目標があるかないかによって、結果は全く違ってきます。
残すためであれば、歯周病のコントロールをしているはずですから、突然抜歯が必要なほどに悪化するまで気がつかないことはありません。

どちらも一長一短あって納得できる正しい理由があって選べばどちらも良い治療です。
なにがご自分にとって良い治療かを考えて選択しなければならないことにお気づきになられると良いと思います。

これからもう歯を失いたくないとお考えであれば、歯を残すための治療計画を立てていただくようにご担当の先生にお願いしてはいかがでしょうか。

国際ビル歯科 相良俊男