HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容

歯周病の治療
三週間前、右上の奥歯はよく痛くなったり、腫れたりする為、抜かれました。今度は左上の前歯が時々炎症を起こし、写真から見ると骨が溶けているみたい。抜かないと周りの歯にもよくないと言われました。上右の歯すこしぐらぐらしています。何とかして、抜かない方法で、歯周病を治療しても良いか。アトバイスを下さい。
埼玉県 女性 40代 主婦

ご相談のメールありがとうございます。

お話だけでは正確なことは分かりませんので、一般的に説明致します。

歯周病は痛みも無く歯の根を支えている骨が溶ける病気ですが、間に合えば歯を抜かずに進行を止めるか非常に遅くすることはできます。
しかも一本一本の歯の根の一部に限局して始まりますので、きちんと治してしまえば隣の歯や遠くのほかの歯にうつることは殆どありません。
そうすればその歯を残すこともできます。

しかし、急激に進行している場合やかなり手遅れになっている場合は、隣の歯を巻き込んで抜ける歯が増えてしまいますので、早期に抜歯しなければならないこともあります。

つまり火事にたとえると、一軒の家から火事が出てどうしても消して守ることできなければ、その家は諦めてしまい、周りの家を助けるために、その火事を起こした家を崩して延焼を防ぐのに似ています。
本来は、周りももちろんその家も助けたいものですが、痛くないときには火が出ていても自分では気づかないのが歯周病です。

又きちんとした治療でないと、進行を長く止めることは難しく、結局炎症の繰り返しで悪化していき歯は無くなります。

歯周病とは、炎症の繰り返しをするたびに、大量の骨を失います。
でもご自分では分かりません。
レントゲンや歯周病の検査をすれば、はっきりとします。

悪化するたびに歯が動いたり、噛み合わせが緩んできたりして、他の歯の歯並びがみるみる狂ってくることも少なくありません。
前歯が出てきたり、隣と離れてきて隙間が目立ったりします。

そして、前歯だけを治療しても奥歯を繰り返し削っていたり、だんだん抜いたりしていると、噛み合わせが狂ってしまって、やはり前歯は残せません。

したがって、歯周病の治療とは目的を二つに分けて、きちんと目標を決めて行わなければなりません。

すなわち、なぜ歯周病の治療をするかを選ばねばなりません。
 …砲澆鮖澆瓩襪燭
◆…砲澆鮖澆瓠△修靴討發辰搬臉擇覆海箸蓮△修了や他の大事な歯を一生残すため
そして、ひいては全身の健康を無くさないため

,蓮∩瓩簡単に楽に安く、済みます。
しかし、繰り返すのはしょうがない、歯が無くなるのも年のせいでしょうがないと妥協をします。
そして皆さんお忙しいので、原因についても追求しないし、一生の計画なんて先のこともまだ考えなくて良いという方法です。

△蓮年のせいではなく病気だから治せば可能だし、口だけにとどまらず身体も気持ちも損ねる怖い病気だから、一生の健康のために痛くなくてもきちんと治したいという考えです。

どの歯が無くなっても困りますし、全体が助け合って一生歯が残る構造になっていますから、全体を治療計画に入れなければなりません。
したがって、,里茲Δ法痛い時だけに痛い歯だけを治療していてはダメで大変難しい治療です。

,亮N妬法は、痛い時にそこだけ処置してもらい飲み薬をもらう方法で、後は時々ふつうの歯科検診を受けて、歯石を取ってもらい、歯磨きの方法を教えてもらったり自分で研究してケアします。

その場は楽で良いのですが、しかし後でとても困ることが少なくありません。

周囲の方を見渡してみてください。
お年寄りの方が亡くなるときの最後の口の中には何本の歯が残っているでしょうか?
皆さん、一生懸命歯を磨いてきちんと歯の治療にも通っていらっしゃるではありませんか。
この方法は半世紀ほど日本で続けられていて、その効果は社会的に検証が済んでいます。


つまり、殆どの方は繰り返し削り・抜くという人生をえんえんと送り、結局は総入れ歯になっ
てしまい、ご自分の歯は残っていませんでした。
一生単位で見ると、結果的に総入れ歯コースを選んだのです。
また、お口の健康を失ってしまうことにより、全身の病気を早く引き起こして大変困っていらっしゃいます。

△楼貔源を残す大きな目標のために、一人ひとりに合った原因から治す治療計画を立て、歯石はなるべく付かないように予防していく方法です。
同じ人に対しても、治療時期も内容も検査結果により変わることがあり、人生一本道ではありません。一生専門化との協力が必要になります。

お分かりいただけましたでしょうか?
ご不明な点は何でもお尋ねください。

国際ビル歯科 相良俊男