HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容

昨年、歯周病と診断されレーザー治療を施しました。
まだメンテナンスをしていないのですが、どうやらまた相変わらず進行しているようです。こんな状態でも治療方法はありますか?
神奈川県  女性 40代 自営業

ご相談のメールありがとうございます。

レーザー治療は最先端の治療方法の一つです。
といっても、感染しているばい菌を消毒して減らすとか、歯石を取るとかの治療と全く同じで、一つの対症療法にしかすぎません。

それだけで、ばい菌がゼロになるわけではありません。歯石が全部取れるわけでもありません。根の表面にダメージがないわけでも全く痛くないわけでもありません。
レーザー光線の種類や器械もどんどん改良されています。性能も益々良くなっています。ただし、歯周病学会でもレーザー治療についての評価はまだ確立されていません。

根本的な原因除去療法ではありませんので、効果は一時的です。
一生を通してみると、それだけでは進行は止められません。

歯周病の治療は根気の要るとても難しい治療です。
しかし普通であれば、どんな状態でも治療方法はあります。
ご心配ありません。

根本的な治療は特に大変ですが、一生の間に歯をたくさん残すことができます。早めに治療できれば一生全部自分の歯を残すこともできます。

また、医療とは病気から解放されることです。
ふつう、もう嫌なくりかえしを終わらせることもできます。
つまり進行を止めて、再発を防ぐこともできます。
国際ビル歯科 相良俊男