HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
ご多忙の中、迅速な対応と丁寧な回答に感謝致します。
実は現在三ヶ月になる一児の母なので、なかなか治療も出来ずに近場でと歯科医院を探して今の所に通い始めましたが、やはり納得が出来ず・・・特に患者側の意見を聞かない為にそのまま治療はどんどん進んでいくばかり。私は前に一度、別の医院ですが麻酔を何度か続けて打った時に、心悸高進し気が遠くなったことがあり、それ以来歯科に対して恐怖心があるのです。インプラント治療にも関心はありますが恐怖感あるので私には無理と判断していました。金額のこともあり良い方法があればと今回相談致しました。(カードなども使えるのでしょうか?)他にも右上奥歯から二番目も欠損し、奥から三、四番目までブリッジなのですが、この二本とも虫歯のため欠けてしまい、新しいブリッジをどのようにするか検討まで、応急処置として欠けた所に白い詰め物(歯と同じ色の物で施行時シンナーの様な匂いがしました)を入れそのまま通わなかったこともあり、今だに治療はしていません(2年以上たっています)。今通っている歯科医院でも違う歯を治療中です。その部分をどのような治療になるのかわからない為、ブリッジは出来ず又抜歯するのでは・・・と悩んでいます。歯がもう悪化しすぎて口の中をみてもらうのさえも抵抗がありましたが、このように先生に相談できた事で不安が少しは解消され行きやすくなりました。今診ていただいている先生に相談し、一度レントゲン資料をお借りして診察に伺えればと思っております。

東京都 女性

A
こんばんは。

お話してだいぶご気分が軽くなられたようで何よりです。
カウンセリングとは、そのように気を落ち着け、これからの道が少しでも見えてくれば成功です。
これからも小さいな成功を一つ一つ積み上げて行かれれば、いつかきっと晴れ晴れとした気持ちになれるお口になると思います。

われわれも応援しております。がんばりましょう。

麻酔についてのことは、お話だけでの判断ですが心配は無いと思います。
殆どの歯科用の麻酔薬にはドキドキする薬が混ぜてあります。
誰でも多少ドキドキします。

そのときに不安や痛みなどが重なると、一時的に軽いショック状態になることも珍しくありません。これも適切な軽い処置をすれば何の心配もありません。そのための酸素吸入設備も当院にはあります。

そのためにおきてしまった恐怖心には対策があります。
まず何でも話し、信頼関係を築き、不安や心配の芽を摘み取って、安心できる気持ちになってから治療に入ること。
何か異常や不安が出れば、すぐに言葉や手で合図して教えること。
麻酔はドキドキしても正常で当たり前、そのうち必ず元通りに収まるんだと軽く開き直っていること。
治療の内容は事前に良く聞いておき、納得したら任せてしまい、治療以外の楽しい事などを考えていること。
いつも肩の力を抜き、深呼吸を続けて、ゆっくり吐く時におなかに力を入れて出し、決して息をつめないように意識を集中していること。

そうすれば平気で乗り切れます。

金額はどの医院でもインプラントは治療費が一番高くなってしまいます。
ご家族などとよくご相談されて、決して無理の無いように計画しなければなりません。
クレジット・カードやデビット・カード、デンタル・ローンも使えます。

応急処置をした他の歯の状況もちょっと心配です。

ご家族の状況では、やはりお近くの医院が長く通院するには一番だとは思います。
治療するかどうかはご自身に決定する権利がありますが、一度全体的・総合的な計画を立てることは無駄にはならないと思います。

せっかく本気になり始めた今は、良いチャンスかもしれません。

国際ビル歯科 相良俊男