HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
はじめまして。私は長崎で歯科衛生士をしております。
健口センターでの歯科人間ドッグはたいへん興味があります。中にスウエーデン式の予防法とありますが、どのようなものなのでしょうか。よろしければ教えてください。

30才 女性

A
昨日お電話を頂いた方ですね。
突然のお電話では、とても説明できませんので、
申し訳ありませんでしたが、受付にその旨を伝えてもらいました。

。。。 スウエーデン式の予防法とありますが、どのようなもの 。。。

実はこのような名前の治療があるわけではありません。
正確には、生物学的研究結果を基礎として科学的に組上げられた、
歯周病やう蝕予防に取り組む歯科医療最先端である、
スカンジナヴィアやノルディックの国々の考え方を、
日本に合わせて、日本人の為に、
当院流に実践的にしたものとお考え下さい。

病気の原因から治そうという、原因除去療法が基本になります。

近頃、日本でも言われ始めた、
EBM(evidence based medicine 科学的根拠に基づいた医療)を、
かの国々では昔から行っていただけの事です。

我々は一般の方に正しい知識を持って頂くための努力をしなければなりませんが、
専門語を羅列しては理解して頂くことはできません。

いかに普通の人の視線に立ち、
いかに普通の人の切り口で啓蒙教育を始めるか、
いかに普通の人の言葉で話すかという、
いわば開拓と、一種の翻訳をしながら進める気遣いが必要です。
そのために、簡単にした一つの便宜上の呼び名ともお考え下さい。

当院では、開業した当初より、予防とベストな治療を目標にしてまいりました。
以来23年余、幾多の難関を乗り越えてきましたが、
その目標に誤りはなかったと確信しております。

当院に予防の目的で通院されている方に、新しい虫歯なんて、まずできません。
当院の職員の口の中も同じです。
効果が出始めると、受診者の方々も楽しくなり、院内では笑い声が絶えません。

ただ、現在でも予防医療(ケア)を実現する困難は依然として存在しており、
将来は多々変更も必要と思っております。

知りたいことは、なんでも質問してください。

。。。 歯科人間ドッグ 。。。

現在のところ予防医療は歯科人間ドックのオプションです。
基本ドックをまず全国的に普及しなければなりません。
しかし、歯科人間ドックは健康の維持増進の入り口となり、
さらに予防医療へとつなげていかなければなりません。

したがって、今は基本メニューをきちんと実践する事が大切です。

。。。  <<<><>>>  。。。

スカンジナヴィアの医療については、
私はJCPG(日本臨床歯周療法集談会)において、勉強させて頂きました。
長崎市には、JCPGの会員で常岡正広先生がいらっしゃいますが、
大学の元同級生です。
更に興味があれば伺ってみてください。
教えてくれるかもしれません。

長崎市油屋町2-18 Tel 0958-22-0295