HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
相談なのですが、TV(日本テレビ系 特命リサーチ 3/5放送)で、金属アレルギーを取り上げていました。金属アレルギーの原因として、口の中の詰め物が原因の場合があるとのことでした。私は金属アレルギーなので、以前、通院している病院に相談をしたところ、詰め物の成分が96%までは違うことはわかったのですが、残りの4%はその他となっているので調べることが出来ないと言われてしまいました。
こちらの病院では、セラミックの治療をしているようなのですが、現在詰め物をしている個所が8箇所あります。すべてをセラミックに変えた方がよいのでしょうか。また、金属アレルギーの歯の治療も行っているのでしょうか。
金属アレルギーが原因でセラミックに変えるとしたら保険治療になるのでしょうか。保険が使えない場合、どのくらいの治療費がかかるでしょうか。
よろしくお願いします。

女性 23才

A
1.全てを変える必要はないかもしれません、まず検査をしてからです。

現在、東京医科歯科大学歯学部付属病院では、アレルギー外来があり、口の中の検査、治療をしています。そこの受診を勧めます。

以前は、同学、第二歯科補綴学教室でも研究や検査が行われており、当院でも、そこから依頼を受けて、ひどいアトピーと思われる若い女性の、問題の詰め物のみを除去して、詰めなおしをしたことがあります。

セラミックは全く金属を含まない材料で、最も安全で、しかもきれいです。しかし、反面、欠けやすいという欠点があり、現在も改良が続いています。
天然の歯と全く同じ結果を出せる治療はありません。
この治療が合うかどうか、診察と相談の上で決まります。

2.当院では、金属アレルギーの検査や治療は行っておりませんが、大学から依頼があれば、作り直しは喜んで引き受けます。

ただ、開業当初から、当院では、金属の毒性については考慮を払った治療をしています。
つまり、予防的な考えを治療に必ず含めています。
保険でも保険外でも、欠点の最も少ない治療方法や、材料を選んで、清潔に、正確に実行する努力をしているからです。

そして、その説明を十分にしてきました。

時間がかかり、大変でしたが、これが、予防と、ベストな治療と、相談の三つがそろった根本的な治療で、トラブルを終わらせる唯一の方法です。

そして、私は大学時代から、保険外で治療をする材料は、世界で一番良いものに統一していました。
その理由は、将来を考えれば、危険なものを口に、そして、体に入れてはいけないからです。

もともと体に無いものを入れるならば、どんな治療物も、欠点を持っています。

決して、元通りには戻せません。
しかし、ベストな治療や物を選ぶ理由は、もっとも自然な状態に近づける、唯一のチャンスを得られるからです。
くりかえし、削れば、どんどん元から離れるだけです。
これも、予防的な考えです。

以来、約25年間それを続けた結果、患者さんは長く通ってくるうちに、だんだんと、口の中は全部安全な金属に統一され、最も安全になっています。

そして、ほとんど全員の方が、晴れやかな笑顔で、定期的なチェックだけのために通っています。

もちろん、予防医療を受けている人は、虫歯の再発などまずありませんので、一度治療が一巡すれば、ほとんど、もう治療するところはありません。
治療は終わりです。

そもそも、歯科医院とは、歯の病気をなくすためにあります。
そして、一生、歯を残すためにあります。
健康にとって、これは大切です。

くりかえし、削り、抜くためではありません。
日本では、皆さんの意識が薄いようですが、これが、世界の常識です。

自分で、どちらかを選ばなければなりません。

われわれ、受付係、歯科衛生士、歯科技工士、歯科医師、その他はみなさんの健康のために働いています。
くりかえし、歯を削るためではありまん。
危険な金属を体に入れて、病気の心配の種を作るためでもありません。

つまり、このように、当院の金属アレルギーの治療は、起きてからではなく、はじめから、いつでも、誰にでも、起きないように治療しています。
面倒でも、予防医療を受けることが、健康にとっては、最大の効果があり、最も安上がりにもなります。

3.保険治療では、詰め物にセラミックを使うことは許されておりません。
原因が何であっても、保険制度で認められておりません。
セラミックを使う場合、当院では、一本の歯につき、15万円です。
5年間の無料保証つきです。

大学病院では、開業医よりも安くなります。

心配事があれば、なんでも相談して下さい。電話でも受けています。


このメールにお返事をいただきました。
早速のメール、ありがとうございます。
東京医科歯科大学歯学部付属病院のアレルギー外来に連絡をとって、検査をしてもらおうと思います。
自分だけでは、歯科の中に「アレルギー外来」というものが存在することすら、発見できなかったかもしれません。
ご親切なアドバイス、本当にありがとうございました。
気軽相談できるHP、相談の返答の早さ素晴らしいと思いました。