HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容

こんにちは。私はこの間前歯と前歯の間に(大人の歯)に小さな虫歯を作ってしまいました…!!直したいのですが、前歯だと保険がきかないので料金が高くつくし、私は海外に住んでいるのです。せめてこれ以上悪化させない方法はないかと思い、相談しました。虫歯が出来てから甘いものはなるべく食べないようにし、念入りに歯磨きもしています。でも出来てしまったからには、やはり治療しかないのですか?お返事待っています。※住所の都道府県を入れないと遅れないので適当に入れてしまいました。すみません。
Germany 女性 10代 中学生

ご相談のメールありがとうございます。

もし、虫歯が小さければ削らずに進行を止めることができます。
ただ変色は残りますから、きれいな色に戻すには削ってからプラスティックで小さな詰め物をしなければなりません。

進行を止める方法はいくつかあります。

まず、必要であれば応急処置をします。
そして同時に、基本的に大事なこととして、お口を虫歯ができにくいような安全な状態にすることです。

具体的には、予防診療を行い、検査や予防計画の実行でお口の中を安全にして虫歯の穴を縮めます。
間に合えば大体元通りにふさがりますので、全く削らずに治すことができます。
これを虫歯の再石灰化治療といい、根本的な治療法法です。

すでにはっきりと多少の穴が開いてしまった場合は、どうしても削って詰める治療は必要になりますが、最初に虫歯を縮める薬を入れます。

これは3Mixという抗菌剤です。

しばらく薬の利く時間を置きながら、その間に予防診療をすれば、虫歯の穴は三分の一くらいに縮みます。
それから削ればあまり削らずに済みます。

穴の底もとても浅くなり、神経への影響はとても小さくなります。
神経も残せ、一生のあいだ歯を残せる可能性がとても大きくなります。

とても若い人の虫歯であれば、もうすでに神経まで進んでしまって、今までならば必ず神経を取らなければならない場合でも、神経を残せるほどに虫歯の穴が縮まり、詰めるだけで済みます。

削るときの痛みが大変軽くなり、麻酔が要らなくなるくらいになります。
削って詰める治療は一回でもすみます。

ただし、ドイツでは簡単な治療でも日本のような保険はきかず、お金がかかってしまいます。
しかし、できるだけ予防的な処置については、あまり値段は高くないはずです。
どんな方法が良いかは、自己判断しないで必ず専門家の診察を受けたほうが良いでしょう。
そのときに、まだ治療はしないで相談だけしたいと、治療方法の決定は家に帰ってから考えて決めたいと、必ずはっきりと初めに伝えることです。

もし相談の内容が納得できなかったら、すぐに別の歯科医師を探して、信頼できそうなところが見つかるまでは、治療を待ってもらうことです。


虫歯を効果的に予防できれば、虫歯の穴の進行は非常に遅くなります。
止まってしまうことも、逆に虫歯の穴が縮まっていくことさえあります。
ほんとに浅い虫歯であれば、それだけで治ります。
削って詰める必要は無くなります。

しかし、今はとても虫歯ができやすい状況のようですから、がらりと変えられないと良い結果が出てこないので簡単ではありません。
また、このような徹底的な予防医療を受けられる機会はとても少ないので、いきなりそこまで期待しないようにしましょう。


とりあえず、今からでもすぐご自分でできるケアを二つ教えておきますが、もちろん手遅れにならないように、早く相談しましょう。
今までと全く違うので、難しいですよ。
つまり、今までは勘違いしていたので、がらりと習慣を変えられるかどうかにかかってきているからです。


1.虫歯にならないための、甘いものの正しい取り方を覚えましょう。
そうすれば、甘いもの食べ放題で虫歯になりません。

 △泙此甘いものと言ってもたくさんあります。

甘いものは全部虫歯の元と思っていませんでしたか?
そのうちで、危険なものとそうでもないものと区別しましょう。

危険なものとは、砂糖です。
砂糖そのものと、それが混ざっている飲食物です。
ソフトクリーム、ケーキ、アメ、コーラ、などなど・・。

危険でない甘いものとは、それ砂糖の入っていないものです。
たとえば、果物、甘い野菜、いろいろな代用糖、そのなかには逆に虫歯を防ぐ甘いもの、キシリトールなどがあります。
砂糖の入っていない甘いお菓子や絞った天然のジュース、アメ、ガムなど・・。
ご飯も良く噛んでいると、口の中で甘くなってきますが、やはりこれも安全です。

◆虫歯予防のための正しい砂糖の取り方は、だらだら口に入れないことです。

甘いものは量を減らさなければいけないと思っていませんでしたか?
減らしているから大丈夫じゃないかなと思っていませんでしたか?

欲しくなったら、いつでも砂糖の入っているものを口に入れたり、通学途中など何かしながらアメをなめている、そばにコーラのビンを置いていて、ちょっとなら良いんだと思ってちびちび飲んでいる等等は危険です。

とても簡単です。
食べる時間を決めましょう。
そうすれば甘いものを止める必要も、甘いものの量を減らす必要もありません。

砂糖の入っているとても甘いものは、毎食後のデザートの時間だけにします。
予防診療をきちんと受け、検査結果で安全を確認できれば、10時のおやつと3時のおやつも大丈夫です。

これだけでも、一日に3回から5回は砂糖の入っている甘いものさえ、量は無制限に食べ放題でも大丈夫です。
ちっとも甘いものを止めなくていいのです。

毎日の習慣ができていれば、たまに友達から誘われて正しい食べ方を破ることになっても、全く大丈夫です。心配ありません。友達のお付き合いを大事にして良いのです。
どうしてかというと、健康になれば、簡単には虫歯なんかできなくなるからです。

ただ、注意しておきますが、大量に砂糖などを食べ過ぎると、後で顔もおなかも腕も足もパンパカパンに太り、タコ糸で巻いたハムのような身体になります。
そういう身体がお好みであれば私は別にかまいませんが、さらに進むと例えば糖尿病などになりやすく、後で失明したり足の指を切断したりと、ひどい目にあいます。
将来の身体の健康を考えたら、砂糖の取りすぎには注意しましょう。
取り返しがつきません。

2.正しい歯磨きを知りましょう。

今まではきれいにするためにシャカシャカと音を出して、歯をこすっていませんでしたか?
磨くって白くしたり、光らせるためだと思っていませんでしたか?
虫歯を予防するためには、こすってはいけません。

 虫歯菌の住み家に的を絞りましょう。
順番を決め、危険なところから予防しましょう。

一番の的は、裏の歯と歯の間です。

次に、裏の歯と歯茎の境目、つまり歯の根元です。
それから、表の歯と歯の間、そして歯の根元です。
最後に、奥歯の噛みあわせの溝の中です。

逆の順番ではありませんでしたか?

◆∨瓩方は、毛先を的に押し付けるように届かせてください。
もしシャカシャカと音を出してこすると、歯のふくらみの表面だけに当たって、的から外れてしまいます。

つまり、こする磨き方は、縦に動かそうが横に動かそうが、的に全く当たりません。
的はずれなことをしているから、念入りに磨いても防げなかったのです。

、練り歯磨きに頼るのは止めましょう。

奥歯の噛み合わせにある溝を磨くときは使ってもかまいません。
虫歯と歯周病の予防習慣を一生身に着けたいのならば、水だけを使いましょう。
必要ならば、フッ素入りのペーストを後で塗りましょう。

ぁ∩飴などの表面をぴかぴかにしたい場合は、虫歯菌の住み家に的を絞る予防の歯磨き
とは別に、汚れ落しと艶出しのための歯磨きをしましょう。

今度はこすって磨き上げます。
その場合は、ある程度練り歯磨きをつけないと、きれいになりません。

ァ⊆分の歯磨きでかえってダメにしないようにしましょう。

ほとんどの練り歯磨きには研磨剤が入っていますから、歯の根元には当てないようにしましょう。

もし根元に当てて、こすってしまうと、弱い根元の歯肉が削れていき、歯が長く見えるようになります。
一生歯肉に守ってもらうはずだった、弱い根が露出してきて、知覚過敏になり、ついにはそこが虫歯になります。

つまり、とても大事なことですが、虫歯予防の歯磨きと、歯の艶出しの歯磨きとの違いを知らない人は、ごちゃ混ぜにしてしまい、逆に虫歯を作ってしまうのです。
しかもゴシゴシこする歯全部に、自分で虫歯を作ってしまいます。


この、1.と2.を実行するだけで、だいぶ違います。
必ず歯磨きが正しくできているか検査も受けましょう。
一人では間違いやすいので、本来は予防の専門家と一緒に進めていく必要があります。

間違ってからでは手遅れになります。

本当の予防とは、一生虫歯や歯周病から解放されることが目標です。
当院では28年以上続けてみて、普通の方なら予防診療で一生、虫歯の心配をしなくて楽しく毎日を過ごせると思っています。

少しは参考になりましたか?
本当の予防は、正しい知識からです。
また分からないことがあったらなんでも聞いてください。
国際ビル歯科 相良俊男