HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
歯医者さんしばらく行っていないのですが、虫歯のチェックは保険は利くのでしょうか。
利かない場合はおいくらぐらいですか。
虫歯のチェックと歯の掃除などでどれぐらいの時間がかかりますか。
病気にならないと医者にはいきませんが、歯医者さんは虫歯になったら手後れですよね?

女性 31才

A
1.虫歯のチェック方法は二つあります。お好きな方をお選びください。

病気の検査、つまり、虫歯の穴を探すこと。いつも削る目的でします。
一生歯を残すための検査、つまり、健康維持が目的なので、いつも削らないため、抜かないためにします。
2.Aは保険が利きます。
 病気になった場合、保険はだいたい誰でも全国で利用できる、世界に誇る日本のすばらしい医療制度です。
 しかも保険では同じ歯を、一生のあいだ何度でも、とても安く削ることができます。
 その場は大変、便利で、簡単で、先の事を計画しなくて良く、また目に見える事が多いし、自分で分かりやすいし、全部お任せなので楽です。

 ただし、日本人は長生きするようになり、くり返し削っているうちに普通の人は、歯が段々なくなり、問題が雪だるま式に増えていき、後になればなる程、苦労するものです。
 一生で見ると、心身の健康にいたるまで非常に大切なものを失い、さらに、高額の医療費を、突然払う羽目になり、普通後悔しています。

3.Bは保険が利きません。
 一生の健康のために、嫌な事は終わりにする、根本的な解決が目的です。
 もちろん、虫歯などはできません。歯周病も予防でき、息もさわやかできれいな口になります。
 健康なら、歯は百年間くらい使えます。

 世界の常識では、歯の病気をなくすために歯科医師が働いています。

 しかし痛くない時に、定期的に、数ヶ月に一度は、通い続けなければなりません。もし行かなくてすめばタダなのに行けばお金がかかり、しかも痛くないのにわざわざ行くなんで面倒で、目先は損かもしれません。

4.Aの費用は保険や内容により違いますが、数百円から、数千円です。Bの費用は、歯科人間ドックならば、約一時間で2万円、予防医療ならば、30〜60分で8,800円です。

5.病気にならないと行かない方法もメリットはあります。つまり、歯の治療の目的には二通りあって、

病気の後始末だけで良い
病気の後始末と、一生歯を残すためと両方が目的
6.5-Aは、何か起きたら後始末をする事だけ決めれば良いから、後先の事など考えなくて良い。
 あなたの、そして今の、望みがこれなら、いつも手遅れではありません。何か起きてからすぐ削り、すぐ抜き、すぐ歯を作れば良いのです。
 場合によっては、放っておけば(健康には最悪ですが)、最も、早く、簡単で、楽で、安くすみます。
 ただし、決して、元どおりにはなりません。

7.もし、あなたの希望が元どおりになりたいならば、あるいは5-Bならば、病気になってからでは手遅れです。
 病気にしない事です。健康な時に自分で守る事を始めなければなりません。

8.予防と言っても、まったく健康な人だけが対象でありません。つまり、健康の度合が、人によって違うのは当然ですが、すでに病気になった事がある人でも、また、ほとんど手遅れと思って、あきらめている人でもまだ守るべき健康が残っています。そして、一度健康を失い始めた人ほど、一人では危険です。
 どんな人でも健康を大切にしたいならば、健康を目指している専門家の手助けが必要です。

9.当院にはいつも相談係がおります。暇な時にでもお立ちよりください。
 相談だけでも、OKです。電話でもかまいません。