HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
82歳の父が歯がぐらつくということで上右の歯(前に近い)2本インプラント治療しました。おととい手術をしたのですが、まだ痰に血が混じるといっています。手術前にはなかったことだそうです。
痰の出所は鼻か喉の奥かよくわからないそうで、うがいでは血はつかず、強く(咳ではなく咳払い的な感じで)出すとべっとりつくそうです。手術直後は気管に手術の時の血が入ったのではといっていました。

手術は遠方(片道2-3時間)の個人の歯科で行いました。出血のことについては先生に電話で話はしているそうです。このようなことは術後の経過として一般的なのでしょうか。それとも近所の耳鼻科などでも一応見てもらったほうが良いのでしょうか。

お忙しいことと思いますが、教えていただければ幸いです。

40才 女性

A
電話で御担当の先生とお話をされているそうですから、
適切な御指示を頂いていると思いますので、
あまり心配は無いのではないでしょうか。

ただ、出血があると心配なものです。

上のインプラントの場合は、鼻出血の可能性が初めからあります。
当然、それを避ける様に慎重に計画してから、
その可能性や後の対処のしかたを説明して、治療しますが、
それでも稀に起こると報告されています。

その場合は、治療部位により二通りの出血の仕方が見られます。

一番目は、鼻の穴から顔のほうに出たり、のどに流れます。

二番目は、鼻の横にある副鼻腔空内で出血しますので、
中に溜まったり、鼻の穴からは出ずに、のどの奥に流れますので、
気がつきにくくなります。

又身体を横にして休んだ後で、流れ出てくることもあります。

二番目の場合は判りずらく、出血がいつも外へ流れているわけではない為、
正確な出血量や、止血できているかどうか確かめにくいので、
やや困難です。

時に、止血はしているが、中で溜まっている血液が一度に大量に流れ出てきて、
慌てた症例もあると報告されています。

気管に入った場合はさらに危険ですが、
お話の限りでは大丈夫だと思います。
もし、後からでもわかるくらいの量の血液が気管に入ったとすれば、
直後から咳がひどくなるでしょう。

出血量が少ない様なので心配無いのかもしれませんが、
まずすぐに、出血状況を正確に確認する事を勧めます。

御担当の先生と早めに良く御相談下さい。

このメールにお返事を頂きました
お忙しいところご返答ありがとうございました。出血の方は少なくなって入るものの、まだ続いているようです。父にこのメールを見せ先生のアドバイスに従うように勧めるつもりです。
暑い日が続きますが先生もどうぞご自愛ください。