HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
上顎中央より左6本のインプラント治療を考えています。治療費が高額になる事と、治療期間を考えITIシステムが魅力的ですが利点・欠点を教えていただけないでしょうか。費用は、150万位を予定しております。

41才 男性

A
*** ITIシステムが魅力的ですが *** 

とても優れたシステムです。

「治療期間」 と 手術の回数が少ないこと、
その為に、コストが小さくできる事も利点です。

ITIシステムを選択する事も、
内容を良く知った上であれば正しいといえます。

- - - >>> >< <<< - - -
当院では、ITIシステムではなく、
ブローネマルク・システムを中心に行っております。

その理由は、二つの成功基準と、これ以上悪くしない事を、
いつも原則として守っているからです。

二つの成功基準とは、
一つが、初期の成功です。

インプラントを始めてから、歯が入り良く噛めるようになり、
予定通り終わる事です。

もう一つが、長期的な成功です。20年、30年と長い間成功が続き、
異常な心配をせず、安心してすごせる事です。

これ以上悪くしない事とは、当初の状態より、
かえって悪化してしまうことは絶対避けたいと思っています。
もし、異常が起きたときも、その処置が予め判っており、
それが高い確率で、また最低限の損失で防げるし、
その後の見通しも良く立てられる事です。

世界中で、インプラントが行われていますが、
100%の成功はどこでもありません。
大事な事は、成功率を高くする事と、
成功しない場合のことも、必ず、予め計画に入れておくことです。

必ず、良くしようという事と、これ以上悪くしない様にする事と、
二つを同時に治療計画に入れなければいけないと考えています。

以上の考えに最も適していて、
また、制限があまり無く、より多くの人たちに応用できる方法が、
ブローネマルク・システムです。
現在、これが世界標準になっています。

しかし、ブローネマルク・システムの欠点としては、
治療期間は長くなります。
手術は二回必要です。
回数は多くなります。
手間が非常にかかります。
長期間使えるためには、補綴物の製作はとても大変です。
そのためコストがかさみ、治療費は当然高くなってしまいます。

でも、長期的に見れば、もう終わりになる可能性が高い、
最も、安心できる、危険の少ない、安全なシステムとも言えます。

一生という、これからの将来を見るときに、
治療には必ず欠点が伴う以上、また、いくつかある治療から、
たった一つだけを選ばなければなりませんから、
利点ばかりでなく、
最も欠点の少ない方法を選ばなければならないと思います。

天然の歯に対する治療もそうですが、危険を避けるために、
インプラントにこそ、妥協しない、ベストな治療のみが必要と考えています。