HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
お忙しい中とは存じますがよろしくお願いします。
29歳出産後から虫歯が増え、3〜4年にわたって頻繁に治療を行った。
その間、治療を受けると、口内炎や肩こりがおきたり、口の中のすっぱい、にがい、ひりひりするという感じはいつもあった。
35歳から慢性蕁麻疹出現。全身に常時でたが、皮膚科で抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、プレドニン(屯用)にて皮疹はコントロールできていた。
39歳ヘアーマニュキュアでショック様症状、動悸、脱力感、呼吸苦出現。
以後、臭気、化学物質、アルコール系の化粧水などで、動悸、気分不快感が頻繁に出現するようになった。先日、食後に失便を伴う発作をおこし、2〜3日全身浮腫、倦怠感が続いた。4日ほど前、歯肉がはれたので大学病院で受診した所、歯髄炎かもしれないが多種のアレルギーがありリスクを伴う為治療は見送られた。

歯肉がはれた頃から、食後に上記のアナフィラキシー様症状が頻発、増悪、不安と苦痛が続いている。
アレルギー専門医からは、上記の症状は歯の詰め物やシロアリ駆除の薬剤による
化学物質過敏症の可能性が高いと言われている。
化学物質過敏症の確定診断がつけば、歯の詰め物を全部取り除き、現在の症状の
軽減をはかりたいと強く願っている。通常は、時間をかけて少しずつ詰め物の除去をしていくものと思うが、実際には種々の医薬品(ヨード、ペニシリン、抗生 剤など)、食物、その他不明な原因によるアナフィラキシー様のショックをおこしているので、毎回ショックに備えて全身管理をしながら治療をするのはきわめて難しいと思う。たとえば、リスクを背負ってでも、全身麻酔のもと一度に歯の詰め物を全部取り除くような方法がとれないものかと思っている。歯の治療は長年にわたり、病院も数カ所以上になっており、詰め物も多様。処置歯は16本ある。

日に日に症状が増悪するので、お返事をよろしくお願いします。

40才 女性

A
極めて困難な状況ですので、私は殆どお役に立てません。
判る事だけでもよろしければお伝えします。

口腔内の金属と全身との因果関係は決して小さくありません。
歯の治療後、多様な時期に全身の口から離れた多様な部位に、
軽度から重篤な皮膚症状が出ることも報告されています。

アレルギー性疾患は一度起こると、
アレルゲンが増える事もあるようです。

口腔内金属にも多種類ありますが、原因の金属が特定されて、
除去された場合、急速に皮膚症状の改善が見られています。

当院でも、昔、東京医科歯科大学の依頼書をもとに、
口腔内の指定部位の金属を除去した事があります。
その時は一度に、全部はずして仮詰に変えました。

金属の毒性は、極微動的作用といって、非常に僅かな量の
金属イオンによっても引き起こされると言われていますので、
体の中に入ってしまった金属イオンの除去までは
困難と思われますから、原因を大きく減らせるとはいえ、
残念ながら全快するかどうかはわかりません。

とりあえず今必要な事は、口腔内の金属が原因となっているか、
特定する事です。
東京医科歯科大学では、アレルギー外来があり、検査しているはずです。
場合によってはお近くの医療機関の紹介を受けられるかもしれません。

治療に全身麻酔が必要かどうかは、
関係各科のカンファンランスにより決定される事でしょう。

ご承知のとおり、
アナフィラキシー・ショックは微量な検査薬でも起こりますので、
検査自体が危険でなかなかできません。
麻酔、抗感染等の薬剤を決定する事すらできない場合もあります。

歯肉の腫れについては、歯周病が原因となる事も少なくありませんので、
歯周病科を受診して適切なホーム・ケアの指導と、
適切なプロフェッショナル・ケアを受けておく事を勧めます。

決して自己流で、ゴシゴシ磨かない様にして下さい。
効果がないばかりか、感染などの危険があります。

最後に、歯科医療とは、もともと全身(心身)への影響が、
計り知れないほど大きい存在です。

理想の歯科医療には、危険を防ぐ予防的思想が絶対欠かせません。
危険が証明されるまでは使って良いという考えではなく、
安全と確認されるまでは使わない、
確実な事から実行するという考えが大切です。
まだ原因がハッキリはしていないようですが、
このような事態を繰り返さない様に、我々は取り組んでまいります。

その場凌ぎのつもりが、
取り返しのつかない事も引き起こす事があります。
皆様も単なる、虫歯の穴埋めだけに終始されません様、
ふだんから、いつも口の健康を考えていただきます様、お願い申し上げます。


2-2Q
こんにちは。
歯の詰め物とアレルギーのご相談につきまして
ご丁寧なお返事をありがとうございます。

先生のおっしゃる通り、まず、原因を特定する為に、
専門医に受診するようにしたいと思います。
そこで、再度お聞きしたいのですが、
名古屋(もしくは京都、大阪など周辺)で、
このような検査を実施している病院をご存じでしたら
お教えいただけないでしょうか。
お忙しい中を恐縮ですがよろしくお願い申し上げます。

2-2A
申訳ありませんが、全く判りません。
東京医科歯科大学へ問い合わせる方法が良いと思います。