HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

ご相談内容

他院で治療を受けているものですが、2つほど相談させていただければ幸いです。

,榔歯(奥から2番目の歯)にインプラントを行ったのですが、今後の治療のため、仮抑えの状態になっています。通っている先生の話では、何かあった場合に固定するよりは仮止めの方が対処しやすいとのことですが、いまいち理解できません。こういった治療方法もあるのでしょうか。

△倭飴2本ですが、痛みは全くなかったものの、虫歯であるとのことで、治療を行いました。ただ、その際、虫歯が結構深かった、ということで削った深度が神経まで達してしまったみたいで、その後、噛む時や冷たいものを飲むときにひどい痛みを感じます。痛みが止まらない場合は歯髄を取り除くとのことで、歯を削り、かぶせ物をする必要性があるとのことで、今は、その治療方法に不信感があります。今のような状態になった場合は、歯を削らなければいけないのでしょうか。痛みも全くなかったので、若いうちではなく、もう少したってからでも良かったのに・・・と悲しい状況です。

お忙しいとは思いますが、お返事いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
東京都 男 性 30代 会社員

ご相談のメールありがとうございます。

.ぅ鵐廛薀鵐伐昌澆瓩諒法は今後の治療のためによく行われます。
全く心配ありません。

⊆N伝阿両態がわかりませんのでなんともいえませんが、もし適切な治療であってこれから痛みが引いてくるようならばもう削らなくても良い場合があります。

歯髄の炎症を抑える良い薬もありますし、飲み薬などで炎症や痛みを抑えておくという方法も無くはありません。
そうでなければ歯髄を取り除かなければならないかもしれません。

ただそれでも詰め物でうまくいく場合があり、すぐにかぶせ物にしなくてもよい場合もあります。
ご担当の先生とよくご相談されることをお勧めします。
国際ビル歯科 相良俊男


ご相談内容

相良先生、

お忙しいところ、ご丁寧な解説をいただきまして、大変に有難うございました。

△亡悗靴討蓮△修發修蘯N伝阿棒睫世い燭世ことがなかったことがいけなかったのでは、と思っております。もうすぐ治療後3ヶ月経ち、定期健診に行く予定になっておりますので、その際、担当の先生に今後の治療方法をうかがってみます。

(3ヶ月経っても痛みが残るということは、今後もそのまま残る可能性が高いのでしょうか。)

場合によっては、今後、相良先生にお世話になるかもしれません。
その時は、どうぞよろしくお願いいたします。
***** *****

メールありがとうございます。

神経の問題は微妙で、仮に3ヶ月痛みが残ってもだんだん薄れるようならば心配ない場合もあります。ただ未成年者かそれに近い治癒力を持っていることが更に必要な条件です。

原則的には初めからの状態を良く知っているご担当の先生がもっとも正確にこれからの見通しを立てられる立場にいらっしゃいますので、まず良くご相談されて最善の処置をすることが今は良いのではないでしょうか。

ご参考までに虫歯の治療の基本的なことを説明しましょう。
もし一生歯を残したいならば、いつもたった二つの原則に合う治療だけを選べば良いのです。

1.(全く、或いはできるだけ) 削らない
2.(神経や奥歯を) 抜かない

もし虫歯になっても、まず穴を縮めれば 1.も2.も守れます。
穴に神経を鎮静する薬と、3ミックスという薬を混ぜて仮に詰めておくとうまくいきます。

削らない・抜かない、一生の間にこの二つだけをいかに守るかだけです。
とても簡単です。

又良かったと思える結果を出すには、初めに良く相談して見通しを聞いてから、ご自分で選択することも重要です。
国際ビル歯科 相良俊男