HOME > 国際ビル歯科について > 歯科相談Q&A

歯科相談Q&A

Q
私は、25才です。なのにもう入れ歯になってしまい見えてしまって、上手に人前で話をしたり、笑ったりできません。お金もかかるし、勇気もありません。安いものだと、14万円のものもあると歯医者さんに聞きました。安いものだとながく持たないことってありますか?お金がたまったら高いものに変えることってできるのでしょうか?

女性 25才

A
1.厚生省から許可のでた製品であれば、安い物だから長く持たないという事はまったくありません。

2.後で変える事もできます。

3.大掛かりな治療には、お金もかかるし、勇気も必要です。

インプラントの治療費用が歯科医院によって違う理由は、すでにホームページのFAQに書きましたのでご覧ください。
安くて、その上で長く持ち、何の不満もでなければそれは素晴らしいことです。

ただ、歯の治療に限らず、世の中の値段というものは正直に中身をあらわしていると思います。
しかし、歯の治療とは手間を省けない作業です。
物を右から左に動かして売るだけなら、手間を省いて安くしても質はあまり変わらないかもしれませんが、歯の治療でもし同じような手段で安くしたとすると、安心や安全、信頼性や確実性はなくならないでしょうか?
その場限りのことをして、後の一生を後悔しないでしょうか?

もう一つ大事な事を忘れないでいただきたいのですが、健康とはかけがえのないものです。失ったものはもうお金を出しても戻りません。
物とは違います。とり返しがつきません。
どんな治療にも危険や失敗はつきものです。
○○さんも、歯をほんの少し失っただけのはずなのに、実は同時に大切なものを、たくさん無くしてしまった事に、今気がついた事と思います。
歯だけではなく、体も心も病人のようになってしまうことは少なくありません。
口が健康である事は、何でもできるし、最高だったのです。

人工的にまったく元どおりにする事はもうできません。
過去を変える事はもうできませんが、これからも同じ過ちをくりかえさないようにして、もっと悪い状況にならないようにすることはまだできるはずです。
まだ決して、手遅れではありません。まだ守れる健康が残っているはずです。
これからは、知識を増やして大切な健康を守る努力をしてください。

インプラントはあごの骨の中へと深く削って人工的な歯の根を入れる治療です。
歯を扱うだけの治療も、本当は難しいことなのですが、それとは比べものにならないほど難しく、新たな危険もあります。
また、何回も治療を繰り返して、歯を失ったことと思いますが、インプラントを何回も繰り返すと、あごの骨をなくすこともあります。
最悪な場合は、入れ歯さえも入れることができなくなることもあります。
もし見通しもなく何回も治療を繰り返さなければならないと、それだけで、いつ終わるともしれない心配や不安にかられて、心の健康を損なう人もでてきます。

どんな小さな治療も同じですが、最大の注意を払って治療し、インプラントのメリットを生かして、最大の効果を出し、そして、一番大事なことは、もうやり直しをしないで終わりにすることを目標にするべきだと思います。
元どおりにはならないとしても、最大の効果が得られれば、心のそこから治った気持ちになります。

安心できることは、心の健康にはとっても大切です。

もし後で変える時には、埋まっているインプラントをとり除くために、その周囲の骨を削る必要が出てくるかもしれません。その手術にも当然、危険がつきまといます。できれば、それは避けたいものです。

大掛かりな治療には、お金もかかるし、勇気も必要です。
そうです、25歳では、他にも足りないことだらけです。
ご自分で言っているように、歯を無くすにはとてもとても若すぎる年齢です。
普通であれば、まだまだ、こんな事に関われる年齢ではないのです。
ただでさえ難しいインプラントの治療は、○○さんにとってはさらに難しい治療といえます。

日本の女性の平均寿命はとても長くなりました。○○さんもこれからまだまだ人生が続くはずです。これからは長期的に考えて、慎重に計画してください。
少なくとも、もうこれ以上、歯を無くさない行動を起こして欲しいものです。
心配なことは、なんでも相談してください。