HOME > 国際ビル歯科について > ニュース

ニュース

「特集 最新歯科医療」のページに インプラント治療の専門家として紹介されています。
インプラント治療の専門家として紹介されています。

001.jpg

「総合的な歯の健康と最先端インプラント治療に取り組む」
(国際ビル歯科 理事長・院長 相良俊男)

 当院は一生歯を残すことを最も大事に考えています。そのためカウンセリングから予防や治療、アフターケアまで、一貫した歯科医療を提供しています。
診療目標は、根本的な歯科医療と一生にわたる心身を含む全身の健康です。
 歯科医院は「歯」だけを診るところではありません。食べる、話す、笑う、感じる、顔の表情に大切、というように、一生楽しく笑って暮らすために、また、人とのお付き合いにも大切な、一日として欠かせない「口」として考え、総合的な健康づくりに取り組む場所です。つまり全身の健康に役立つ健口(健康な口)として歯科医療を考えています。

■歯の健康と脳の働きに密接な関係
 歯周病が進むと、いずれは歯を失うことになりますが、「抜けたら入れ歯や差し歯にすればいい」というものではなく、生涯「自分の歯」で噛むということが、実は私たちの健康にとって大きな意味を持っているのです。
 最近の研究で、残っている歯が少ない高齢者ほど大脳の働きが衰えるということがわかってきました。噛むことで脳は刺激されますが、噛むために必要な歯がなくなると、その周辺の神経も失われ脳への刺激がなくなってしまいます。実際に歯を失った人の脳をMRIやCTスキャンで撮ってみると、認知症患者の脳と同じ部分に影ができていることがあります。脳がうまく機能しなかったら、健康的な日常生活は送れません。認知症と歯の健康の関連性は今後もかなり解明されていくでしょう。

■「オール・オン・4」で総入れ歯から解放
 もし、歯を失った場合にもご心配はありません。歯の根から取り戻すインプラント治療によって、心身の健康を大きく回復できます。ブリッジや入れ歯とは比較にならないくらい、自然の歯にとても近く、機能を快適に回復できます。噛む力については元の歯か、それ以上の力が出ます。またとても長持ちします。最も信頼されているスウェーデンのインプラント治療では第1号の患者さんが42年間使うことができました。その後も世界中で何百万人もその後に続いて成功しています。
 インプラントは、一本の歯を無くした方や数本の歯を無くした方はもちろん、全部の歯を失って総入れ歯にお悩みの方にも治療できます。ワンデー・スマイルという治療は一日で歯がきれいになりますが、インプラント治療でも一日で歯を入れることもできます。そして、最新の方法であるオール・オン・4というインプラント治療では、半日で総入れ歯から差し歯に変わってしまいます。その日から固定式の歯で噛めます。たった一日で総入れ歯から解放される方法です。痛みも心配ありません。全く痛くない鎮静法ができます。
 それに加えて、当院では予防から治療、そしてアフターケアまで一貫して対応しております。術後のメインテナンスも予防専用の健ロセンターがすぐ隣で楽しく続けられます。予防専用の治療は全く干渉されない独立した部屋があり、安心して将来への備えをする
ことができます。
 ともあれ「歯はいのち」です。生命の入り口といわれるほど健康にとって歯は大切なものです。